スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見ちゃいました

昨日のブログはペット保険でしたが、ちょいと一言…。
いまお世話になっているクリニックの先生が言っていたことなんですが、「やっぱり保険っていつ病気になるかわからないから加入したほうがいいんですかね?」という飼い主の質問に対して「いや~ダンテくんみたいにまだパピーのうちから保険に入るのはどうかと思いますよ。むしろこの若さで保険のお世話になったら…ねぇ…」と一言。確かにそりゃそうだ。とくに何らかのアクシデントで外傷を負ったならともかく、この若さで病気になるなんて思えないし。と思いました。…ということで、保険は入っておりません。そのうちに必要になるときがきそうだな…と思ったら入ると思いますが…。

さて、今夜は日曜日の夜ということでムービーナイトでした。
見ない、見ない、見ない!と誓ったのにレンタルしてきてしまいました。

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと (特別編) [DVD]マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと (特別編) [DVD]
(2009/10/02)
オーウェン・ウィルソンジェニファー・アニストン

商品詳細を見る


見た感想?

うーん…どうでしょう…。(長嶋のモノマネではない)
原作を読んだ方がいいです、もしまだ見ていないなら。あの、映画は「ある夫婦の成長物語」にタイトルを変更したほうがいいみたいです。マーリーがすっかり陰をひそめてしまっていて、結婚、流産、それでも立ち直って子供ができた!、でも子育てって大変!、夫は壁にぶちあたりながらも仕事がんばる!、二人目の子供!、ますますストレス!、でも家族ってスバラシイ!あ…そういえば、イヌいたね…。くらいの扱いです。

マーリーがいつの間にか老犬になっていて、安楽死させるときだけ急にスポットライトが当たってしまい、なんだかオロオロするかのような出番到来。しかもエンディングで。おいおい、いまさらかよ!と言いたくなります。まぁ時折思い出したようにマーリーのはしゃぎっぷりが描かれているんですが、「ふ~ん…躾のなっていないイヌって大変だね…」くらいの印象しか残りません。

ところが、この原作を読むと作者(アメリカのコラムニスト)とマーリーのふれ合いやイヌを飼うということはどういうことか…などなど事細かく書かれているため、こっちのほうがよっぽどお勉強になります。

マーリーの教えてくれたこと?それは、動物だしゃーヒットすると思ったら大間違いやで!監督はん!ということで、残念ながら★☆☆くらいの評価です。

しかし、いつになったら暖かくなるんでしょうか。
お~い!ダンテ、元気でやってるか~ぁ!


スポンサーサイト
プロフィール

バロン

Author:バロン
新宿でボストンテリア♂のダンテと暮らしています。
愛玩動物搬送士取得
(2010年2月)
JKC愛犬飼育管理士取得
(2010年4月)

ダンテ
2009年3月1日 
千葉県で生まれる
2010年3月28日 
ショーデビュー
2010年4月17日
M.CC獲得

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者の数
ダンテに会いにきていただきありがとうございます!
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
9153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

4763位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。