スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネタうす…

ネタがないときは、ニュースチェックに限ります…。ようやくお役所も重い腰をあげたようです。ただ法的な拘束力がないということで、まぁ無いも同然ということになりかねないと思いますが…。


【環境省】では来年度からペットや家畜の適切な飼い方、さらには病気の見分け方までをも網羅したガイドライン(指針)の策定に乗り出すことを決めた。アメリカやヨーロッパで広まる「動物の福祉向上」の視点を日本でも普及させるため、ペットショップなど商業的な取り扱い店舗だけでなく、一般の家庭でも飼育の目安にしてもらう考えだという。
元記事によると環境省では最初に犬や猫、にわとりや牛、豚などのペットや家畜を対象に、飼育環境や販売、輸送の実情、病気などについて調査。その調査結果を元に研究会を設置して、2009年度中にガイドラインをまとめる予定。

最近では中国産のペットフードで動物が被害を受ける問題が相次いだこともあり、アメリカ、ヨーロッパでは安全なえさの確保、さらには住環境の整備などを法的に保護する動きが広まっているという。日本では動物保護法はあるものの、えさなどに関する指針はなく、野放し状態だった。

今回策定予定のガイドラインはあくまでも「ガイドライン」に過ぎず、直接の法的拘束力はないものと思われる。ただ、公的機関による文章での指針がある以上、それに著しく反するものについては行政指導という形でさまざまな「指導」を行なえるという解釈もとれる。

すでに環境省では8月9日に【「家庭動物等の飼養及び保管に関する基準」及び「動物の処分方法に関する指針」の改定案に関する意見の募集(パブリックコメント)について】という名前で世間一般から意見を求めており(申し込みはすでに終了)、飼育の方法についての改定を模索している。今回報じられたえさや飼育方法のガイドラインは、「家庭動物等の飼養及び保管に関する基準」そのものに手が加えられるか、あるいはそれを元に新たに策定されることになるのだろう。
スポンサーサイト
プロフィール

バロン

Author:バロン
新宿でボストンテリア♂のダンテと暮らしています。
愛玩動物搬送士取得
(2010年2月)
JKC愛犬飼育管理士取得
(2010年4月)

ダンテ
2009年3月1日 
千葉県で生まれる
2010年3月28日 
ショーデビュー
2010年4月17日
M.CC獲得

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者の数
ダンテに会いにきていただきありがとうございます!
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
12116位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

6174位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。