スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンコ知事

日本では選挙シーズンが近づいていますが、またもや日本の政治家たちはやってくれています。

中畑清、柔ちゃん、おまけに三原順子!!!こんなんが政治家になって国会に出入りするようになったら、この国は一体どうなってしまうんでしょうか???いくら票集めとは言え、もう少しなんとかならなかったんですかね、この人選。おまけに柔ちゃん会社を3月いっぱいで辞めて、選挙…しかもオリンピックも目指しますって…柔道の片手間に政治をやるってことですか???なんかムリムリ…。

それと比べて、アメリカは考えていることがブッ飛んでます。
↓こちらの記事を読んでください。


米テキサス州で今年11月に行われる州知事選挙に、少々風変わりな立候補が現れたらしい。なんでもその異色の知事候補は、1匹の雑種犬なのだとか。

 地元紙「オースティン・アメリカン・ステイツマン」をはじめとするメディア各紙によると、今回無所属の新人候補として名乗りをあげたのは、同州オースティン在住のロリー・ミッシェルさんの愛犬で、5歳になるオスの「ウッドロウ」。

 散歩中に出会う人や犬に愛想良く振舞うウッドロウを見て、まるで政治家が支持者に挨拶をしてまわっているように見えたというミッシェルさん。人懐っこくて誠実なその性格が、州知事にピッタリなのではと思い、立候補を決めたという。

 といっても、ミッシェルさんはただの冷やかしでウッドロウを候補に仕立てたのではない。その理由のひとつは、彼女なりにテキサス州政府に対する不満を表すためと、もうひとつ、同州の保健所で殺処分される犬や猫を少しでも減らしたいという思いからだった。

 ウッドロウ自身、かつて殺処分される直前に愛護団体に救出され、ミッシェルさんに引き取られたという経歴を持つだけに、かつての彼と同じように殺処分を待っている犬や猫たちの代弁者にふさわしいと、ミッシェルさんは考えている。

 選挙の広報活動として販売されている“ウッドロウを知事に”Tシャツの収益は地元の愛護団体「オースティン・ペッツ・アライブ」に寄付されており、すでに2000ドル以上の募金につながっているというから、どうやら彼の“選挙活動”は今のところ順調のようだ。

 ミッシェルさんの知人らは、本気でウッドロウに1票を投じると明言しているそうで、このまま彼の活動が盛り上がり支持者を増やしていければ、史上初の犬知事誕生も、夢ではなくなる……かも?
n2010051101.jpg



ね?
犬が知事ですよ!www

でも、ちゃんと殺処分されるワンコの数を減らすキャンペーンになっているし。こういう感じの政治活動ができれば、ちゃんと一票入れるのにな~。
スポンサーサイト
プロフィール

バロン

Author:バロン
新宿でボストンテリア♂のダンテと暮らしています。
愛玩動物搬送士取得
(2010年2月)
JKC愛犬飼育管理士取得
(2010年4月)

ダンテ
2009年3月1日 
千葉県で生まれる
2010年3月28日 
ショーデビュー
2010年4月17日
M.CC獲得

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者の数
ダンテに会いにきていただきありがとうございます!
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
12170位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

6325位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。