スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よいこ図書の推薦本

今日、とある女優さんが成田空港に降り立ちました。

N0026278.jpg

はい、ジュリア・ロバーツさんです。猛暑日の東京なのに、なんでしょうかこの暑苦しい格好は…なんてことはさて置きまして、彼女は意外にも初来日ということです。もちろんプロモーションのための来日なのですが、なにを宣伝するかと申しますと来月封切りの「食べて、祈って、恋をして」という映画です。

ダンテ飼い主はちょっと自慢してしまいますが、映画化になる本を嗅ぎ分けるのがかなりウマイです。「プラダを着た悪魔」も空港でひょいと何気に手にして機中で読んでいたものが数年経って「あ!あれだ!」と映画化されヒットしました。確かに内容が面白かったので、どうやって映像化されるか楽しみでもあったわけです。今回の「食べて、祈って、恋をして」もちょっと前に読んでおりまして、映画化を楽しみにしておりました。ちなみにこの本、NYタイムズのベストセラーランキングで今だに1位(ペーパーバックのフィクション部門)となっているくらい、支持されております。

内容はNYに住むあるアラフォー女性(作者)の自分探しの旅についての話です。とってもありきたりな感じですが、「離婚してこの際だから海外へ行って自分探しでもしよ」というなんとも平々凡々なストーリー展開です。だけれども現代社会に生きる女性がとても気にすることが描かれています。それは「今の私は、このままでいいのか?」という大きな難問についてです。仕事だったり、結婚観だったり、恋愛だったり…と誰でも今の自分の立ち位置や、これからの自分に不安を抱いているとは思いますが、この本を読むことで時間をかけて悩んで迷ってぶつかりながら答えをだしていく生き方について、肯定され後押しされると思います。イタリア、インド、バリ島を巡る彼女はそんな現代社会に生きる女性の代表格のように感じました。

自分探しという人生論、ガイドブック、そして恋愛How To本といろいろな側面を持ったこの小説、果たしてどんな感じで映像化されるのでしょうか。

原作で言えば、作者の感情を表す表現方法がとても好きでした。主人公の女性(作者)がNYを飛び出してイタリアに来た時、自分の感情を表現する部分がとてもいいです。

「イタリアに来て10日が過ぎ、ついに”憂鬱”と”寂しさ”に居場所を突き止められた。(中略)やつらは無言であらわれ、ピンカートン探偵社の探偵よろしく、わたしを脅しつけ両脇を固めた。”憂鬱”が左側、”寂しさ”が右側。バッッジをみせつけられる必要はなかった。もう何年も追いかけっこを繰り返し、こいつらとは旧知の仲だから。でもまさか、黄昏時のイタリアの優雅な庭園で出くわすとは思ってもみなかった。ここはやつらがのさばれるような場所ではないはずなのに」

毎日、猛暑が続いていますが、夏休みの本ということでいかがでしょうか?


食べて、祈って、恋をして 女が直面するあらゆること探究の書食べて、祈って、恋をして 女が直面するあらゆること探究の書
(2009/12/17)
エリザベス ギルバート

商品詳細を見る
スポンサーサイト
プロフィール

バロン

Author:バロン
新宿でボストンテリア♂のダンテと暮らしています。
愛玩動物搬送士取得
(2010年2月)
JKC愛犬飼育管理士取得
(2010年4月)

ダンテ
2009年3月1日 
千葉県で生まれる
2010年3月28日 
ショーデビュー
2010年4月17日
M.CC獲得

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者の数
ダンテに会いにきていただきありがとうございます!
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
5418位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

2901位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。