スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なでしこJAPAN!

なでしこJAPAN、世界一です!!
すごいですよね~!きょうが祝日でよかったです。おそらく眠い目をこすりながらテレビにかじりついていた人たちがたくさんいたと思います。

ダンテ飼い主もそのうちの一人でした。
ゲーム開始からアメリカ優勢の展開で押されモード全開!あ~…キツいな~と思いながらの観戦でした。だってゲーム開始早々に大ピンチだったでしょ?アメリカとしてはとっとと2点くらい取って逃げ切り作戦だったと思うんです。だって今まで日本に1回も負けていないわけですから。

でも、なでしこJAPANが必死にくらいつき、パスがつながりだした前半半ばくらいから空気が徐々に変わってきました。それでもアメリカ先制点!の場面では耐えるゲームが続いたりして、そうとう精神的にタフでないと気持ちが折れるゲームだったと思います。

アメリカ仕掛ける、日本耐える、アメリカ先制、日本追いつくといったゲーム展開。こういった「粘り」に実はアメリカ人ってけっこう弱いんですよね。「あれ?なんかおかしくね?」みたいな空気がだんだんアメリカのチームに広がって行ったんだと思います。

PK戦まで持ちこんだというのもアメリカに精神的なダメージを与えたんだと思います。PKになったら、ホントどっちが勝ってもおかしくない…というか、運の世界ですからね。

日本のすごさはやはり精神的な強さと技術にあるのかな…なんてゲームを見ながら思いました。思い返せば、東京オリンピックの「東洋の魔女」とかね。体格とかでは到底かなわない相手にどうやったら勝つことができるかという創意工夫が感動の源であったりするのかな…と。スポーツ以外にも、小さな町工場がボーイング社の部品を受注していたり、明治時代に漁船くらいの船で北極点をめざしたり…などなどと世界が度肝をぬくようなことを日本人というのはやってのけてきたわけです。

最後のPKを決めたときに、感動で思わず泣いてしまいました。大会が始まる前、澤選手が「年齢とともに感じる体力的な衰えを一切感じない」といったインタビューがすごく印象に残っていて、ひょっとしたら?と思ったけど、しっかりやってくれました。

すばらしい朝でした!

…こういう大事な時に限ってダンテはボールを持って来て「遊べ!遊べ!」とせがむ…。なぜ…?w
スポンサーサイト
プロフィール

バロン

Author:バロン
新宿でボストンテリア♂のダンテと暮らしています。
愛玩動物搬送士取得
(2010年2月)
JKC愛犬飼育管理士取得
(2010年4月)

ダンテ
2009年3月1日 
千葉県で生まれる
2010年3月28日 
ショーデビュー
2010年4月17日
M.CC獲得

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者の数
ダンテに会いにきていただきありがとうございます!
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
9737位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

5075位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。