スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロローグ

まさか!犬を飼うなんて…。
多くの友人がそう言うのは、まことにごもっともなことであると重々承知の助でございます。なんせ朝も昼も夜もないような仕事で、しかも日本とアメリカを行ったり来たりの人生。そう思われるのもムリはない話なのでした。

が…。

仕事も安定し、自分だけのキャリアを追い求めてきた時間が終ろうとして、社会に対してこれから自分が何ができるか…というようなことを考え始めた時から、実は「ワンコとの生活」というものを密かに考えていたのでした。
犬と一緒に生活するということは、時間や経済的な余力もさることながら、「心の余裕」がないと絶対に不可能だと思うんですね。自分自身のことを俯瞰で見られるような「余裕」がないと、社会への貢献どころかワンコ一匹だって幸せにできない。ましてや一緒に楽しく暮らしていけるかというと、そんな余裕はないと思うんです。そういったことができるようになった…という自分自身への確信と、ワンコと一緒に生活できることで、共に豊かなライフスタイルを築いていこうというのがそもそものきっかけでした。

さて、犬種はボストンテリアと決めていたのですが、どうやって入手したらいいのかわからない…。ということで、ひたすら調べました。ネット、本、知り合いを通じて1ヶ月ほど調べる時間に費やした結果、ある一人の女性に行き着いたのです。

トップキャラクター。http://top-character.com/index.html
日本でナンバーワンのボストンテリア専門ブリーダーです。オーナーの方にアポをお願いして、お会いしたのが09年に入ってから。最初はどこの馬の骨かもわからないのが来たということで、警戒されていたと思うのですが、自分のことやボストンテリアを飼いたいと計画している経緯などについて説明させていただき、仔犬を譲っていただくこととなりました。
そして、09年3月1日(日曜日)に、男の子2匹、女の子1匹の計3匹が誕生しました。このうち、男の子1匹はあまりにもデカすぎて、産道でつっかかっていたそうです。しかも蘇生するのに1時間くらいかかり、生まれながらにしてエピソードてんこ盛りな仔でした。その仔こそ、我が家に迎え入れることとなった「ダンテ」(永遠の友情)です。

家のリビングにはダンテを受け入れるための空のケージがひっそりと置いてあります。主人のいないベッドも、まだ遊ばれることのないオモチャの数々も、出番待ちといったところでしょうか。いろいろな人たちやワンコと出会って、成長していくダンテ(と飼い主)の記録を皆さんも一緒に楽しんで頂けたら嬉しいです。(3日坊主にならないようにアップします…たぶん)
スポンサーサイト

コメント

こんにちは!

ダンテパパ、土曜日はお会い出来てうれしかったです。
こちらも引越の準備に追われながら、気がつけばジョニーの写真を見ては
デレデレしてますっ。。。
お迎えの日が来るのが楽しみですね!
今後ともどうぞ宜しくお願いします。

No title

ジョニ男☆父母さん、コメントありがとうございます!またトップキャラクターで会いましょうね!!
毎日、携帯の待受を見てはデレデレ…w やっぱり一緒ですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

バロン

Author:バロン
新宿でボストンテリア♂のダンテと暮らしています。
愛玩動物搬送士取得
(2010年2月)
JKC愛犬飼育管理士取得
(2010年4月)

ダンテ
2009年3月1日 
千葉県で生まれる
2010年3月28日 
ショーデビュー
2010年4月17日
M.CC獲得

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者の数
ダンテに会いにきていただきありがとうございます!
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
8018位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

4157位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。