スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の夜長には

金曜日の夜など、「はぁ~!今週もよく働いた!」の後のリラックスタイムには欠かせない音楽、そして最近読んだ本を紹介します。

まずは、お酒を片手にゆったりするための音楽。

こちらはヘンデルのアリア集になります。まだカストラートが活躍していた時代。ヘンデルのアリアを歌うカストラートに近い音質を持つソプラノ歌手としてルネ・フレミングは有名だそうです。なので、キンキンしたソプラノではありません。とっても丸くて包み込まれるような音波が部屋に漂います。1曲目の歌いだしからフワーーァ~っと包み込まれ優雅な気持ちに。音の波間を漂ってください。特にオペラ「リナルド」の2幕で歌われるLascia ch'io Pianga(涙溢るるままに)は秀逸でございます。

Lascia ch'io pianga mia cruda sorte
過酷な運命に涙し、
e che sospiri la liberta.
自由に憧れることをお許しください。
Il duolo infranga queste ritorte
私の苦しみに対する憐れみだけによって、
de'miei martiri sol per pieta.
苦悩がこの鎖を打ち毀してくれますように。

ついでに映画「カストラート」でもちゃんと使われているので、参考までにどうぞ。かなり鳥肌が立ちます。


ヘンデル:アリア集~オンブラ・マイ・フヘンデル:アリア集~オンブラ・マイ・フ
(2005/06/22)
フレミング(ルネ)

商品詳細を見る


そして最近読んだ本でちょっと気になったもの。

考えない練習考えない練習
(2010/02/09)
小池 龍之介

商品詳細を見る


ここ最近、お坊さんの説法を定期的に聞いておりまして、ハッと気づかされることが多々あります。恐らくいま、ウーンって悩んでいるヒトの多くはこうしたところから解をみつけられるんじゃないかな。そのお坊さんとはまったく関係ありませんが、そんな時にふと書店で見つけた1冊でございます。考えない練習なんて言われるとちょっと???という感じですが、いかに現代人がキリキリした状態で生きているか、見つめ直して凛とした自分を見つけるための一冊になるのかなと思います。決してゆるい系ではありません。厳しいことも書いてあります。でも、実際にお坊さんの説法をライブで聞いたほうが、すごく勉強になりますけど。

あれ???犬ネタが今日はありませんでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

バロン

Author:バロン
新宿でボストンテリア♂のダンテと暮らしています。
愛玩動物搬送士取得
(2010年2月)
JKC愛犬飼育管理士取得
(2010年4月)

ダンテ
2009年3月1日 
千葉県で生まれる
2010年3月28日 
ショーデビュー
2010年4月17日
M.CC獲得

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者の数
ダンテに会いにきていただきありがとうございます!
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
8018位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

4157位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。