スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よいこ文庫の推薦本

だんだんと食べ物のオイシイ季節になってきました。鍋物なんて最高ですよね。オイシイお酒とオイシイ食事って本当に幸せな気持ちになります。

そんな時に読みたいのがこちらです。


八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)
(2009/05)
高田 郁

商品詳細を見る


天皇陛下に仕えた料理長の話、ルイ14世に仕えた料理長の話、徳川将軍に仕えた料理長の話…などなど絢爛豪華な料理小説(?)が大好きなダンテ飼い主ですが、今回は江戸の庶民が題材になっております。

大阪から理由あって江戸にやってきたある女の子「澪」が料理人として成長していく時代小説です。
江戸の神田にある蕎麦屋にお世話になる澪を通して上方と江戸の食などの文化の違い、当時の習わし、そして新しい料理を開発して看板メニューを試行錯誤のうえ作り出して行く様子がテンポよく次から次へと展開していき、アッというまに読み終えてしまいます。(どんな料理がでてくるかって?うーん、例えば茶碗蒸し。江戸では卵を使った茶碗蒸しが無かったって知ってました???あとどんな料理がでてくるかは、読んでからのお楽しみ♪)
また、東京で生活していると馴染みの地名ばかりでてくるうえ(ウチのエリアも出て来てビックリ)、へ~!な豆知識も堪能できるとあって、本が売れない時代に着々と売り上げを伸ばしているのも頷けます。

このシリーズは4作すでに出版されているんですが、発行年月日を見ると短期間でガッ!と一気に書いたことがわかり、作者の筆力にも脱帽でございます。

読んだ方もたくさんいらっしゃるかもしれませんが、今まで読んだ料理本の中ではずっとそばに置いておきたい逸品です。(おまけに巻末には登場した料理のレシピも!!)おそらく、読んでいると懐かしい忘れかけた味が蘇ると同時に、忘れかけた人情もエッセンスになってジワジワと人気が広がっているんでしょうね。

読んでいて、お腹だけでなく心も豊になるそんなシリーズです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

バロン

Author:バロン
新宿でボストンテリア♂のダンテと暮らしています。
愛玩動物搬送士取得
(2010年2月)
JKC愛犬飼育管理士取得
(2010年4月)

ダンテ
2009年3月1日 
千葉県で生まれる
2010年3月28日 
ショーデビュー
2010年4月17日
M.CC獲得

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者の数
ダンテに会いにきていただきありがとうございます!
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
10617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

5475位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。