スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アッチィ

今年は長い長い夏になりそうですが、個人的には夏野菜とかそうめんなんかが美味しくいただけるから、なんだか小学生のようにワクワクしております。みなさん、夏バテしていませんか?

ダンテが生息している地区は、都心の割りに高いビルがまったく無いうえに、緑が多いところなので風通しがとてもいいです。夕方6時半くらいになると、肌で感じられるくらい気温がスーッと下がるのがわかり、日中の暑さがウソのようです。日没前に散歩をはじめて、水分補給をしながら休み休みのゆっくり散歩、いつものベンチで休む頃にちょうど日没となります。この時間の空のグラデーションがとてもエロいです。w 夏の夜はエロいですね。w

まぁ暑い暑いとは言いますが、「子どもの頃ってこんなに暑かったっけ?」と素朴に思いました。夏休みの宿題で毎日日記をつけていたんですが、確かに気温のところで35度とか40度なんていう数字を書いた覚えがあまりありません。で、(かなり大味ですが)調べてみました、東京の過去の気温!

1961年・・・7月の最高気温は15日に記録した37.5度。そして8月の最高気温は27日に記録した35度。2ヵ月を押しなべて見ると30度以上の日がけっこう目立ちます。暑い夏だったことがわかります。
1970年・・・7月は17日まで30度を超える日がありませんでした。でも18日から月末までは連日30度超え。最高は26日の34.9度でした。8月は30度を超える日と超えない日がまだら模様。最高気温は5日の35.4度でした。
1980年・・・7月は雨の日が目立ちます。24日の32.4度が最高だったので肌寒い7月だったんですね。8月になっても雨の日が目立っています。最高気温は15日の32.2度ということで、この年は冷夏だったことがわかります。野菜の値段が上がったんだろうなぁ。
1990年・・・7月はチラホラと雨の日が見られます。最高は19日の34.6度で、あとはほとんど30度をはさんでの動き。8月は雨と曇りそして晴れがバランス良く散らばっているといった印象です。7日の35.9度が最高ですが、おおむね30度台前半の動きとなっていました。
2000年・・・7月は後半にぐずついた空模様です。おおむね30度を挟んだ動きとなっておりまして、最高気温は23日の34.9度でした。8月は13日以外はすべて30度超えです。温暖化だと声高に叫ばれはじめたのもこの頃でしょうか?それでも最高気温は3日の33.9度で、35度以上にはなっていません。ボディブローのようにジリジリ効いてくる暑さだったようです。
2010年・・・去年です。意外にも雨の日がチラホラ目立つ7月だったんですね。ただ月末には天気も回復して35度超えを挑戦する日が目につきます。最高気温は23日の35.7度でした。そして8月!9日の28.9度を除いた全ての日が30度超え!特に15日からがキツイ。15日:35.5度、16日:36.3度、17日:37.2度、18日:35.1度、19日:33.1度、20日にようやく落ち着いて31.8度となります。ここはワンコにとってもヒトにとっても死の行軍でした…。

どうでしょう?10年間隔で見ていくと、やはり60年代、70年代は暑いとは言えまだマシだったような気がしますね。ちなみに東京の過去最高気温は2004年7月20日に記録した39.5度!今年の夏はこの記録を超えるんでしょうか?まぁ、あまり暑くない夏もどうかと思いますが、ほどほどでお願いしたいですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

バロン

Author:バロン
新宿でボストンテリア♂のダンテと暮らしています。
愛玩動物搬送士取得
(2010年2月)
JKC愛犬飼育管理士取得
(2010年4月)

ダンテ
2009年3月1日 
千葉県で生まれる
2010年3月28日 
ショーデビュー
2010年4月17日
M.CC獲得

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者の数
ダンテに会いにきていただきありがとうございます!
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
12090位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

6135位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。